プレート式熱交換器は効率的に熱交換を行うことができるだけでなく、軽量でコンパクトなため様々な産業で使われています。このタイプの熱交換器には、ブレージングプレート式とガスケットプレート式の2種類が存在します。いずれも伝熱プレートが重ねてあり、高温と低温の流体が交互に流れて熱を交換する構造は同じです。完全な対向流での熱交換が可能なため、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで近付けることができます。

プレートを積層する構造になっており、プレート数を増減させれば伝熱面積を任意に変更することも可能です。ブレージングプレート式は主な素材として銅が使われていますが、医薬品や半導体を製造する向上ではステンレスやニッケルが使用されることもあります。耐圧性能や熱交換率が優れていてコストが安いだけでなく、一般的な熱交換器の中ではサイズが最も小さいのがメリットです。ただしこのタイプの熱交換器は分解できないためメンテナンスが難しく、流路に詰まりが生じることもあります。

熱交換器を長期間にわたって使い続けていると、内部にスケールが溜まり性能低下や故障を引き起こします。定期的なメンテナンスを行ってスケールを除去すれば、優れた性能を維持できます。ガスケットプレート式はプレート間をゴム製のガスケットで仕切ってあります。全体を分解可能なのでメンテナンスも簡単に行うことができますが、ブレージングプレート式よりもサイズが大きく広いスペースが必要です。

十分なスペースを確保でき、メンテナンス性を重視する場合にはこのタイプを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です