熱交換器は温かい流体から冷たい流体に熱を移動させる装置で、水や空気などが利用されています。例えば空冷式の熱交換器は主にフィンとチューブで構成されていて、冷却対象の液体をチューブ内に流します。さらにファンを使ってチューブに送風し、液体と空気の温度差で液体を冷却する仕組みになっています。このタイプの熱交換器は周囲の空気と電源以外にインフラが不要なため、設置場所を比較的自由に選ぶことができます空冷式は設置場所の制限が少なく、屋外で使用されるケースも多く見られます。

ランニングコストやメンテナンスコストが安く、環境に優しい点もこのタイプの大きな特徴です。ただしこのタイプは周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却効率が下がり、気温以下に冷やすことができません。また機器自体のサイズが大きいため、設置にはある程度の広さのスペースを確保する必要があります。ファンコイルユニットは冷却水を循環させたコイルに向けて送風し、冷風を作り出す仕組みになっています。

このタイプはコイルの循環水を温水に替えれば温風を作ることもでき、天吊り型や床置きなどがあって設置場所が比較的自由です。ファンコイルユニットには、冷却水を送る設備が必要なため多少コストがかかるというデメリットも存在します。プレート式にはブレージングプレート式とガスケットプレート式の2種類があり、いずれも効率的に熱交換ができます。前者は分解できないのでメンテナンスが困難ですが、後者は全体を分解可能です。

メンテナンス性を重視してプレート式熱交換器を導入する場合には、ガスケットプレート式を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です