熱交換器には様々なタイプがありますが、いずれも温かい流体と冷たい流体の間で熱を移動させる点では共通しています。効率よく熱交換ができるため、様々な製造業の現場で使われているのがプレート式の熱交換器です。プレート式にはブレージングプレート式とガスケットプレート式があり、重ねた伝熱プレートの間を高温と低温の流体が交互に流れます。熱交換効率が非常に優れていて完全な対向流で熱を交換できるため、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで近付けることが可能です。

プレート式は多管式などと比べて伝熱係数が高く、わずかな温度差を最大限に活用できます。ブレージングプレート式は耐圧性能や熱交換効率が優れていて、コストが安いだけでなくサイズが小さいというメリットがありますが分解できません。熱交換器内部では流体である水に含まれる炭酸カルシウムなどの無機塩類がスケールとなって析出し、性能低下や故障の原因になることがあります。性能を維持するためには定期的なメンテナンスによってスケールを除去しなければなりません。

ガスケットプレート式は多少サイズが大きく広いスペースが必要ですが、全体の分解が可能でメンテナンスを容易に行うことができます。多管式はシェル&チューブ式とも呼ばれており、胴体部に伝熱管を収めた構造になっています。このタイプは圧力損失を小さく設計でき高粘度の流体にも対応可能なので、油圧関連機器や化学プラントなどで使用されるケースが多く見られます。サイズが多少大きいものの分解可能な機種もあり、メンテナンスを比較的容易に行なえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です